コカレストラン:博多駅でお手軽タイランチ

何かむしょうにタイ料理が食べたくなることってありませんか?私はあります(笑)

タイ料理の中でも特に好きなのがタイカレー。タイ料理って使ってる調味料のおかげなのか何なのか、味つけが独特ですよね。日本にはない味というか。私はあの独特の味つけが大好きです。ナンプラーとかね。あの匂いがたまりません。

タイカレーが食べたくなったら、行くお店があります。

博多駅アミュプラザ10Fのレストラン街「くうてん」の「コカレストラン」です。

コカレストラン

カフェのような雰囲気で、パッと見タイ料理屋さんには見えません。でも間違いなくタイ料理屋さんです。なぜなら入り口付近からすでにナンプラーの香りがただよっているからです(笑)食欲をそそります。

コカレストラン

 

お店の中はこんな感じ。写真撮り忘れてしまったので、ぐるなびから拝借。

黒が基調の落ち着いたインテリアで、喫茶店を思わせます。でも店内の匂いはナンプラー・・・。(笑)

椅子の下に荷物入れのカゴと荷物を隠すための布があります。匂いがつくと困るものはこのカゴの中に入れて、布をかけちゃいましょう。

座席の間がちょっと狭いかな?正直少し窮屈に感じるけど、お店自体がそんなに広いわけではないので、こればっかりは仕方ないです。

 

ランチは1,000円前後でガパオやパッタイなど定番のタイ料理がいくつか用意されていますが、せっかくなら1,350円のコンボランチをおすすめします。

コンボランチは常時2種類あって、ひとつはガパオコンボ、もうひとつはタイカレーコンボ。

コンボランチは単品と違い、あげもの・肉料理・生春巻き・サラダ・えびせんが少量ずつ添えられます。さらにスープとデザート、ソフトドリンクもついていて明らかにお得。

スポンサードリンク


この日頼んだのはもちろんタイカレーランチ。

コカレストラン

料理はカフェごはんのようにワンプレートで提供されます。結構ボリュームありますよね。これにスープとドリンクがつくようなかたちです。

この日のタイカレーは「グリーンカレー」でした。ココナッツミルクの風味がまろやかでおいしい!辛いものがあまり得意でない人でも食べられるくらいの控えめな辛さでした。

あげものと生春巻きはスイートチリソースで味つけ。肉料理は鶏肉のたたきのようなもの。

デザートはタピオカミルク。食事の最後に食べることでグリーンカレーの辛さを中和してくれます。それにしても本日のデザートがタピオカミルク以外のものだったことがないな(笑)

スープはいつも同じものですね。コンソメスープのような、透きとおった茶色のスープ。おそらくナンプラーが入ってるものと思われます。

 

コカレストラン

こちらは別の日に食べたムーガパオ。単品です。単品でもサラダ、スープ、えびせんはついてくるようです。

ムーガパオもほとんど辛さは気にならず、食べやすかったです。個人的にはタイカレーの方が好みかな。おいしいんだけど、タイらしさが物足りないというか(笑)・・・う~ん、普通?って感じ。

残念ながら麺類はまだ挑戦したことないです。いつかは食べてみたいですね。でも来ると絶対タイカレー選んじゃうんだよね(笑)

 

**おまけ**

ごはんを食べながらふと壁をみると、名倉さんがいて吹き出しました(笑)

コカレストラン

名倉さん、違和感なさ過ぎです。日本人なのに。

人気記事
>>桜肉の名店「菅乃屋」のお取寄せグルメ♪美味しすぎる「馬刺し」!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ