ビーフマン(Beef Man):上質な牛肉料理とワインをリーズナブルに

今日紹介するのは天神駅周辺、西通りから路地に入ったところにあるお店、「ビーフマン(Beef Man)」。

お店の名前どおり、牛肉料理の専門店です。あと赤ワイン。

がっつりお肉が食べたくなったら迷わずビーフマンに行きます。人気店なので結構混んでることが多いですが、1~2名の少人数なら予約なしでもカウンター席にすっと座れたりします。

天神周辺はおいしいお店が多いですが、とくにこのビーフマンはお気に入りです。うまくて安い。

 

ビーフマン

 

ちょっと人が写りこんじゃってますが気にしないでください。

外観はこんな感じ。ちょっとおしゃれなバーっぽいです。女性ひとりでも入りやすいこの雰囲気、好きですね。

男性のみなさん、デートでも使えるお店ですよ。メモってくださいね。

 

ビーフマン

入り口にはワインとお肉ののれんがかかってます。特注でしょうか。

そして手描きっぽいアメリカンな牛のキャラクターが出迎えてくれます。彼らもこれから牛肉を食すのでしょうか・・・。ともぐ・・・ゲフンゲフン。

 

ビーフマン

店内入ると、カウンター席に通されました。

このように客席から厨房が丸見えです。これは板前さんの自信の表れなんでしょうね。

調理しているところがモロ見えなので待ち時間も楽しいです。

正直お店の中はあまり広くはありません。61席あるとのことですが、体感では20~30席くらいに感じます。いつもお客さんでいっぱいです。

 

ビーフマン

カウンター目の前のショーケースには、牛肉の串がずらり。この串がおいしいんですよ。

おいしいお肉を目の前にして、口の中はパブロフの犬状態。早速なにか注文しましょう。

 

ビーフマン

これがこの日のメニュー。見ての通り手書きのメニューなんですが、めちゃくちゃうまくないですか?料理そっちのけでそっちが気になってしまいました。ドンキのPOP職人もびっくりするレベルだよ。

どれもおいしそう!

スポンサードリンク


 

ビーフマン

まず頼んだのは、インカのめざめのフライドポテト。

インカのめざめっていうのは、有名なじゃがいものブランドです。最近よくテレビで紹介されるようになって知名度が上がってきましたが、これマジでうまいです。これまでのフライドポテトの固定概念が覆されます。

箸を入れるとスッとやわらかく、半分に割ってみるとその身は黄金色。食べるとほくほく、そしてさつまいも並にあまい。びっくりしますよ。

 

ビーフマン

 

そして絶対にはずせないのが和牛さがり串。牛肉の串って珍しいですよね。メニューを見ると何種類かありますが、イチ押しはこの「さがり」。

とにかくジューシーでやわらかい!串とはいいながらも、ステーキになってもおかしくない上質なお肉です。炭火で焼いてあるので、香ばしさは焼き鳥並。この発想はなかった。

 

ビーフマン

今回初チャレンジのにぎりです。生の牛肉の食感がたまりません。そして脂がのっている割に、意外とさっぱりしてますね。ほんのり甘い酢飯とよく合う。何個でも食べられそうです。

でも個人的には焼いた牛肉の方が好きかな。

 

ビーフマン

最後の〆はハンバーグにしました。〆がハンバーグって自分で言うのもあれですがめちゃくちゃですね(笑)

これがね、言い尽くせないくらいおいしかった!切ると肉汁がじゅわーっと出てきて、食べるとかなり肉々しい!たぶんつなぎを最低限にとどめてるんじゃないかな。肉本来の味を楽しめるハンバーグです。

ソースもたまねぎベースで美味。ステーキソースっぽい。ちなみに上にのってるのもフライドオニオン。やっぱりハンバーグとたまねぎは相性抜群ですね。

 

以上、お気に入りの天神西通り「ビーフマン」でした。おいしい牛肉が食べたくなったら行ってみてください。

場所はこちら。

福岡県福岡市中央区大名2-6-5 天神西通り館1F

人気記事
>>桜肉の名店「菅乃屋」のお取寄せグルメ♪美味しすぎる「馬刺し」!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ