はくせん博多駅店:博多織の小物が充実!

福岡県は博多といえば、何を思い浮かべますか?

明太子?もつ鍋?水炊き?食べ物ばっかりですね(笑)

 

食べ物以外の特産品といえば、やっぱり博多織でしょうか。他県の人から見て、博多織がどの程度の知名度があるのかは私にとっては謎でありますが、特に福岡市民なら知らない人はいないと思います。

その起源は鎌倉時代にまでさかのぼります。江戸時代では将軍家への献上品にもされていたことから、「献上博多」と呼ばれるものもあります。

博多織がよく使われるのは着物の帯。ですが最近では帯だけでなくいろいろな雑貨に加工されるようになりました。

そんな博多織の雑貨が手に入るお店がこちら。「博多人形のはくせん」です。

はくせん博多織

 

場所は博多駅内にあるショッピングモール、マイングの中です。

写真のように、博多人形がずらっと並べられたショーウィンドーが目印。結構みんな素通りして行ってしまうのですが、じっくり見ると福岡らしい面白いものがたくさん売ってあります。

博多人形の、とはいいながらも博多織の雑貨やくまモンのキーホルダーが売ってあったり。くまモンにいたっては福岡ですらない(笑)正直なんでもありです。いいのいいの。売れれば。

 

はくせん博多織

これが博多織の雑貨たちです。綺麗でしょう。帯に使われる生地だから、厚みもあってしっかりしています。

原材料に絹が使われているので、光沢があります。サラサラとした手触りが気持ちいい。

スポンサードリンク


はくせん博多織

札入れ(お財布)は4,000円~7,000円程度。お財布にしてはそこまで高くはなく良心的な価格設定。

「和」テイストが好きな人には、しっくりくるんじゃないでしょうか。真ん中の列一番前の紺色の札入れなんて、めっちゃおしゃれですよね。適度に渋くていい感じ。

がまぐちは4,800円かな?こちらは少し高く感じてしまいますね。でも小さいものならもう少し購入しやすい価格だったと思います。

 

はくせん博多織

こんなのもありました。博多織のネクタイです。

これ良いですね!どちらかといえば年配の方向けのデザインが多いかな?

1本5,400円。百貨店でネクタイを買うと7,000円~1万円くらいはしますよね。これは結構お買い得な商品なんじゃないでしょうか。

 

はくせん博多織

 

適度にハリがあって、光沢もある。確かに博多織ってネクタイにぴったりの生地なのかもしれません。

一番左の紺と赤のストライプは若い人向けですね。めっちゃかわいい!個人的に好きです。

 

他にも名刺入れ、印鑑ケース、ミニポーチなどいろんな博多織グッズがありました。

安いものは1,000円くらいからあって、記念に買っていくのにちょうど良さそう。初めて福岡にいらっしゃった方、旅の記念にいかがでしょうか。

人気記事
>>桜肉の名店「菅乃屋」のお取寄せグルメ♪美味しすぎる「馬刺し」!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ