佐賀県:古湯温泉のおすすめ人気旅館・ホテルと楽しみ方

福岡のおすすめスポットを紹介している当ブログですが、今回は番外編ということで佐賀県の古湯温泉を紹介したいと思います。

九州外の人は佐賀県のイメージってあんまりないかもしれません。確かに熊本県や鹿児島県、長崎県あたりと比べると、観光スポット的要素は少ないかも?(笑)

でもまったり、のんびり過ごすには佐賀県って案外良いんですよ。連休でもあまり混雑していないし、福岡から近い。福岡県民にとっては気軽に遊びに行けるところなので、結構人気があります。佐賀県に観光に行く人の大半は、福岡県民なんですって。

<佐賀県のみどころ・観光ポイント>
・温泉(古湯温泉、熊の川温泉、武雄温泉、嬉野温泉)
・佐賀牛(伊万里牛)
・有田焼き(陶芸)
・呼子の烏賊 ・・・etc

このうち、ぬるめのトロッとした泉質で知られる「古湯温泉」が個人的にはとってもお気に入り。何気に毎年行っているような・・・(笑)

 

古湯温泉のおすすめ人気旅館

古湯温泉までは福岡から車で約1時間半。佐賀駅からは40分くらいかな?山道を乗り越えていった先にある、閑静で素敵な温泉街です。

比較的狭い範囲に温泉旅館や施設がぎゅっと密集していて、良い雰囲気。

古湯温泉

地図でみると、密集具合がよくわかりますよね。1,200円の「ぬる湯手形」というチケットを買えば、提携している温泉3軒まで入り放題なので、「温泉のはしご」なんて贅沢な楽しみ方もできちゃいます。近くに川が流れていて、お散歩するのも楽しいです。

 

この中で、温泉旅館として個人的に一番おすすめなのは「鶴霊泉(かくれいせん)」。

鶴霊泉

まずね、ここは温泉がすごい。

大浴場は床に砂が敷き詰めてある珍しいつくりで、ちょっと他では味わえない感じ。泉質も他の旅館と比べてよりトロッとしていて、まるで化粧水の中に浸かっているみたいです。※同じ古湯温泉でも、旅館や施設によって微妙に泉質が違う感じがする。

貸切風呂からはお庭の様子が見え、浴室もキレイで高級感があるので贅沢な気分になれます。ただたまに普通にお客さんが庭を歩いてたりするから注意が必要(笑)

晩御飯は仲居さんがお部屋まで運んできてくれます。ボリューム・質ともに文句なし。特に佐賀牛の石焼きは本当に美味しかった・・・!

宿泊なら色浴衣も借りれるので、旅行に来た!って雰囲気を満喫できます。記念写真もそれっぽく良いものが撮れます(笑)

トータルして、鶴霊泉はとくにカップルにおすすめの旅館ですね。人気がある旅館なので、連休で予約が取れたらラッキー。

 

もうひとつ、温泉施設としておすすめしたいのが「ONCRI(おんくり)」。

ONCRI

「広い、きれい、楽しい」三拍子揃ったホテルで、日帰り入浴も可能。

古湯温泉内では間違いなく一番浴室が広いし、種類もスーパー銭湯並に充実していて、ファミリーにもおすすめ。小さい子どもさん連れのお客さんも多かったです。露天風呂、気持ち良かったなー。

スポンサードリンク


ONCRIで特筆すべきは砂むし風呂ですね。15分間、温かい砂の中に埋められます(笑)別途料金がかかるけど、やってみたら楽しかった&気持ちよかったです。

リニューアルして間もなく、施設内はおしゃれでキレイな雰囲気なので、若い女性ウケが良いだろうなーと思います。

特にお土産ショップは現代的で本当におしゃれ。有田焼の雑貨や、ドレッシングなどの調味料が並んでいました。子どもが遊べる広いキッズスペースが併設されていて、何人かの小さな子どもが楽しそうに遊んでいました。

 

古湯温泉のおすすめレジャー&グルメの口コミ的なやつ

古湯温泉街内で楽しめる、おすすめのレジャーとグルメをひとつずつ口コミしたいと思います。

まずおすすめのレジャーが、ろくろを使った陶芸体験です。

陶路館うるおっと」さんで陶芸体験をしたんですが、これがすごく楽しくて。

先生は50~60代の男性の方なんですが、その道ウン十年の褒め上手な優しい先生です。初めてのろくろ陶芸でしたが、楽しく&上手にお茶碗をつくることができました。これだけ丁寧に教えていただいて、2,000円は安い。もちろん作品は、後日焼き上げて自宅へ送ってもらえます。

IMG_0814

陶芸体験の後には、美味しいアイスコーヒーと手作りのキャラメルでおもてなししていただき、ほっこり。良い時間を過ごせました。

ろくろ陶芸だけでなく、絵付けや銀細工もできるそう。ちなみに銀細工は奥さんが担当されているそうです。

 

そんな「陶路館 うるおっと」さんのお隣、「古湯キッチン10」がおすすめのグルメです。近っ(笑)

IMG_0808

全体的に渋く落ち着いた雰囲気の温泉街とはちょっと異質な、おしゃれカフェ的雰囲気のお店です。

佐賀っぽいメニューはなく、「ハンバーグランチ」とか「カレーライス」とか至って普通のカフェランチを出しているお店なんですが、ボリュームがすごい。

IMG_0810

こちらハンバーグランチ:950円。見て下さい、この小鉢の数。すごいでしょ。

古湯温泉でランチに困ったら、是非「古湯キッチン10」へ。

 

1泊2日古湯温泉の楽しみ方の例

最後に、参考までに、私が実際に楽しめた1泊2日の古湯温泉満喫プランをどうぞ。

 

<1日目>

・14時~:神水川パークゴルフ場でまったりパークゴルフ

・16時~:ダムの駅富士 しゃくなげの里にちょっと寄ってみる

・17時半~:ONCRI(おんくり)で温泉&砂むし風呂を楽しむ

・19時半~:古湯温泉街に宿泊

<2日目>

・10時~:陶路館うるおっとで陶芸体験

・12時半~:古湯キッチン10でランチ

・13時半~:ぬる湯手形で古湯温泉3軒はしご

・16時~:白玉饅頭元祖吉野屋 和・カフェ で休憩 白玉饅頭を買って帰宅

 

こんな感じです。古湯温泉周辺だけでも、まったりのんびり、結構楽しめますよん。

今度は呼子に行って、新鮮な烏賊を食べたいなぁ。

人気記事
>>桜肉の名店「菅乃屋」のお取寄せグルメ♪美味しすぎる「馬刺し」!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ